So-net無料ブログ作成
検索選択

長中期ボックス相場の高値が見えてきます。

朝のオープンユーロが111.73円まで下落し、その後111.73円まで買い戻され、少し買い時で買い優勢の感がありました。


ひきつづき、短期移動平均をサポートラインに安値圏でもみ合いしていましたが、新値足が陰転したことで、長中期ボックス相場の高値が見えてきます。


日足のローソクチャートから予測すると、はっきりとした下落が続いた後、陽線と小さい陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去1時間中にに酒田五法で言うところのヘッドアンドショルダーに見える様子が見えます。


移動平均から判断してみると緩やかな下降トレンド状況と読めます。


短期平均線が30日移動平均線より下部で推移していて、短期平均線ははっきりとした下降気味で、30日移動平均線は激しい上昇トレンドです。


過去の実績から考えると、売買した方が良いか迷ってしまいます。


スローストキャスティクスから予想すると、50%以下で陰転しているので、陰転したら、その次のチャートの始値が売買のタイミングです


あれこれ悩まず売買をしてOKだろうと思います。


上限は一目均衡表の基準線や50日移動平均が支持線として機能しています。


証券会社に自動決済を受けないように相場のウォッチだけはしっかりとやって、持ち玉を持ち続けていきます。


【FX比較】FX会社を比較


nice!(0) 

短いBOX相場の上値が見えてきます。

朝のエントリーはEUR/JPYが111.47円まで下落し、その後は112.4円まで買い戻され、かなりロング有利のマーケットとなりました。


ひきつづき、50SMAを支持線に低い水準で移動していますが、新値足が陰転したことで、短いレンジ相場の上限が視野に入ってきます。


ひきつづき、一目均衡表の基準線を支持線に底値圏で移動していますが、少し前に終値が陰転したことで、短いBOX相場の上値が見えてきます。


単移動平均で様子を確認してみると下げ相場と考えられます。


10日平均が長期移動平均線より下で推移しており、両平均線とも緩やかな下げ基調です


取引の実績を思うと、今回はあれやこれや心配せずにオーダーをして大丈夫だろうと思いました


ボリンジャーバンドは買われ過ぎ圏で移動して、20日移動平均がサポートラインとして機能したので、一時的に上値の重さを確認しました。


今回はあれやこれや心配せずにオーダーをして大丈夫だろうと思いました。


無理に天井を意識して、含み損になるような持ち玉にだけはならないように気をつけます。


【FX比較FXの口座開設なら詳細な情報が満載のFXの殿堂.


nice!(0) 

どちらの移動平均線とも上昇基調です。

一昨日のオープンはポンド/円が一時高値133.14円まで上昇し、その後は131.35円まで売られ、三空踏み上げを示して判断しやすいローソクチャートを形成しました。


30分足のローソクチャートから判断してみると、はっきりとした下降気味が続いてから、小さな陽線と小陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去4時間前までに三空に見えるひげが伺えます。


値足が陽転したことで天井を維持するか慎重になっています。


ひきつづき、50日移動平均線をレジスタンスラインに天井圏で推移していましたが、少し前に終値が陽転したことで中期レンジ相場の底値が見えてきます


移動平均線で兆候を確認してみると激しい下落相場と考えられます。


短期平均が20日平均より上で維持しており、どちらの移動平均線とも上昇基調です。


今までの経験を思うと、今回はあれやこれや考えずエントリーをしてみようと思いました。


スローストキャスティクスから予測すると、売られ過ぎ圏で推移したものの、また高値を挑む相場が予想つきます。


今回はあれやこれや考えずエントリーをしてみようと思いました。


あまり証券会社にロスカットされないようにタイミングを見計らって決済しようと思います。


【FX比較FXのオススメの口座開設


nice!(0) 

買い時の感がありました。

一昨日のマーケットインは米ドル円が89.82円まで下落し、買い時の感がありました。


日足のローソク足を見てみると、下降がしばらく続いた後、前の終値から大きく離れた出会い線で、過去5時間前までに酒田五法の下げ三法らしきひげが見えます。


ひきつづき、一目均衡表のクモを支持線に安い水準で推移していますが、再び値足がデッドクロスしたことで、中期レンジ相場の上限が視野に入ってきます。


ローソク足が陰転したことで、短いレンジ相場の上値が見えてきます


移動平均線で様子を見てみると緩やかな暴騰にあります。


30日平均より10日移動平均線が上部で推移していて、どちらの移動平均線とも上げ気味です


今までの結果から思うと、エントリーすべきかどうか迷いどころです。


ボリンジャーバンドは売られ過ぎ圏近辺に上昇したので、一目均衡表の厚いクモのレジスタンスラインのために勢いが強くなった印象です


そのときは反射的にエントリーだと思いました。


今後以降の為替レートの動きは注目です。


FXの徹底比較はこちら


nice!(0) 

長中期ボックス相場の安値が見えてきます。

前の取引のオープン米ドル/円が高値90.61円まで上昇し、その後は89.59円まで売られ、やや買われ過ぎだったのではないかと思いました。


日足のローソク足だと、下降トレンドが少し続いた後、交互に並ぶ小陽線と大きな陰線の安値が揃った毛抜き底で、過去4時間前までに酒田五法の黒三兵に見える傾向があります。


あいかわらず、一目均衡表の基準線をレジスタンスに天井圏で推移していましたが、終値がゴールデンクロスしたことで、長中期ボックス相場の安値が見えてきます。


50日移動平均線をレジスタンスラインに高い水準で推移していましたが、再び新値足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスラインを下回るかどうか要注意です


SMAで様子を確認してみると下降状態と考えられます。


30日移動平均線より10日平均が上部で推移しており、10日平均は上昇基調で、30日移動平均線は下降気味です。


先週の経験を思うと、売買した方が良いか悩んでしまいます。


ボリンジャーバンドはセンターバンド辺りでもみ合って、50日移動平均線が天井として機能したので、長期的に上値が重い展開を認識した感じです。


とりあえずあれやこれや考えず売買をしてみようと思いました。


前の取引の米ドル/円は少し予想がし辛いので今月は厳しいマーケットになりそうです。


FXの比較ならこちら


nice!(0) 

再び下限を試すチャートが予測できます。

一昨日のオープンユーロ円が108.91円まで下落し、多少売り時ではないかと思いました。


あいかわらず、50日移動平均線をサポートに低い価格帯でもみ合いしていますが、少し前にローソク足が陰転したことで、長いBOX相場の高値が見えてきます。


再び新値足が陰転したことで、短いBOX相場の高値が視野に入ってきます。


SMAで傾向を確認してみると緩やかな下降トレンド状況にあります。


30日平均線より5日移動平均線が下で移動しており、どちらの平均線もはっきりとした下降トレンドです


取引の結果から考慮すると、今回は迷わず取引だと。


ストキャスから予想すると、売られ過ぎ圏で上昇していて、再び下限を試すチャートが予測できます


今回は迷わず取引だと。


とりあえず損害がを増えないように早いところ決済するつもりでいます。


【FX比較FX 口座 おすすめ


nice!(0) 

過去5時間の中に酒田五法の下げ三法らしきチャートが伺えます。

一昨日のエントリーはUSD/JPYが一時安値90.94円まで下落し、その後91.91円まで買い戻され、少し売り時で売り有利の感がありました。


日足のローソク足から予測すると、激しい暴騰が続いた後、先の陰線を陽線が覆う陽線つつみ足で、過去5時間の中に酒田五法の下げ三法らしきチャートが伺えます。


下限は一目均衡表の分厚いクモや20日移動平均がレジスタンスラインとして働きました。


終値がゴールデンクロスしたことでレジスタンスを下回るか注目です。


取引の経験を考慮すると、とりあえず反射的に売買をしてOKだと思いました


ボリンジャーバンドは3σ圏辺りで推移し、一目均衡表の転換線がサポートとして機能したことで、短期的に底堅さを認識できたと思います。


とりあえず反射的に売買をしてOKだと思いました。


チャートのウォッチだけは確実にやって、FX業者に自動決済を食らわないようにポジションを保持していきます。



nice!(0) 

長いボックス相場の下限が見えてきます。

朝のオープンはEUR/JPYが安値118.57円まで下落し、多少売られ過ぎだったのではないかと思いました。


底値は一目均衡表の基準線や長期移動平均線がレジスタンスとして機能しました。


5分足のローソクチャートから予測してみると、明らかな上昇傾向が少し続いた後、大陰線に続けて陽線が現れるはらみ線で、過去2時間の中に酒田五法の三法のような傾向が見えます。


SMAで様子を見てみると激しい上昇相場にあります。


30日平均線より10日平均線が上部で推移しており、10日平均線は上昇気味で、30日平均線ははっきりとした下降傾向です。


昨日までの経験を考慮すると、この相場はあーだこーだ悩まず売買で問題ないだろうと。


ストキャスティクスから考えると、売られ過ぎ圏は推移し、安値を狙う機会が予想つくでしょう。


この相場はあーだこーだ悩まず売買で問題ないだろうと。


値足が陽転したことで、長いボックス相場の下限が見えてきます


来週以降のチャートの状況は細心の注意が必要です。



nice!(0) 

再び新値足が陰転したことでサポートを突破できるかどうか注目されます。

昨夜の取引のオープンのポンド円は143.93円の売り価格で、売り時だったのではないかと思いました。


5分足のローソクチャートから考慮してみると、緩やかな上げ気味がしばらく続いた後、交互に並ぶ大きい陽線と小さい陰線の終値の高値が揃った毛抜き天井で、過去3時間以内に酒田五法で言うところの三空叩き込みに見えなくもない兆候が伺えます。


上限は一目均衡表のクモや20日移動平均線が底として推移しました。


ひきつづき、20SMAをサポートに底値圏で移動していますが、再び新値足が陰転したことでサポートを突破できるかどうか注目されます


単移動平均から考慮すると激しい上昇トレンド状態といえます。


10日平均が50日移動平均線より上で推移していて、10日平均ははっきりとした上昇傾向で、50日移動平均線ははっきりとした下降トレンドです。


過去の経緯を考えると、エントリーするべきか心配になります。


ボリンジャーバンドは3σ圏近辺に突き抜けたので、長期移動平均の天井によって勢いが弱まった印象があります


こういうチャートは勢いでエントリーをしてみようと思いました。


昨夜の取引のポンド円はそうとう方向感がないのでしばらくは激しいマーケットになりそうです。



nice!(0) 

過去1時間前までに酒田五法で言うところの三空叩き込みらしき兆候が見えます。

昨日のエントリーは米ドル/円が高値94.56円まで上昇し、三川を示して予測しやすいチャートを形成しました。


一目均衡表の分厚いクモをレジスタンスラインに高い水準で移動していますが、少し前にローソク足が陽転したことで、長いBOX相場の下値が視野に入ってきます。


日足のローソク足から予測すると、緩やかな下降傾向が少し続いた後、前の陰線を陽線が覆う陽線つつみ足で、過去1時間前までに酒田五法で言うところの三空叩き込みらしき兆候が見えます。


移動平均線から考えてみると緩やかな上昇トレンドです。


短期平均線が30日平均線より上で移動しており、短期平均線は上昇基調で、30日平均線は下げ気味です。


取引の成績から考慮すると、オーダーするべきかどうか考えてしまいます


ボリンジャーバンドは1σ圏近辺に下落したものの、50SMAの抵抗線によってトレンドが弱くなった感じです。


とりあえず悩まずオーダーでOKだと思いました。


昨日の米ドル/円相場は予測がし辛いのでしばらくは難しい展開になりそうです。



nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。