So-net無料ブログ作成

どちらの移動平均線とも上昇基調です。

朝はオープンからポンド円相場は134.34円の値をつけており、少し売り時で売り優勢の感がありました。


ひきつづき、一目均衡表の基準線をサポートに安い価格帯で推移していますが、少し前にローソク足が陰転したことでサポートを上回るかどうか慎重になっています。


5分足のローソクチャートから考慮すると、下降傾向がしばらく続いてから、終値の高値が揃った毛抜き天井で、過去3時間前までに下げ三法に見える足が伺えます。


移動平均から考慮すると明らかな下降相場と見受けられます。


30日平均より短期移動平均線が上部で推移しており、どちらの移動平均線とも上昇基調です。


過去の結果から思うと、エントリーするべきか考えてしまいます


ボリンジャーバンドは-2σ圏近辺に下落したが、一目均衡表の基準線の抵抗線のせいでトレンドが弱くなった様子です。


そのときは勢いでエントリーをしてOKだと思いました。


チャートの監視だけは堅実にやって、FX業者にロスカットを食らわないようにポジションを持ち続けていきます。



nice!(0) 

自動決済を受けないように持ち玉をキープしていきます。

前回の取引のエントリーはUSD/JPYが一時安値91.12円まで下落し、少し買い時ではないかと思いました。


ひきつづき、50SMAを抵抗線に高値圏でもみ合いしていましたが、少し前に値足がゴールデンクロスしたことで、短いレンジ相場の下値が視野に入ってきます。


底値は一目均衡表の基準線や短期移動平均が天井として機能しました。


単移動平均で傾向を確認してみると激しい下げと読めます。


30日移動平均線より5日移動平均線が下部で移動していて、どちらの移動平均線とも下降傾向です


今までの成績から考慮すると、そのときは悩まず取引でいこうと思いました


スローストキャスティクスで予想すると、50%より下の部分で%KがSDをクロスするところで、陰転がもうすぐきそうです。


そのときは悩まず取引でいこうと思いました。


レートのウォッチだけは堅実にやって、自動決済を受けないように持ち玉をキープしていきます。



nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。