So-net無料ブログ作成

両方とも明らかな下げ気味です。

昨日のオープンはUSD/JPYが一時82.211円まで下落し、その後は82.845円まで買い戻され、少し買い時な気がしました。


ひきつづき、20日移動平均線を天井に天井圏で推移していましたが、少し前に終値がゴールデンクロスしたことで天井を下回るかどうか注意が必要です。


1時間足のローソク足を見てみると、激しい下降トレンドがしばらく続いた後、高値が揃った毛抜き天井で、過去4時間前までに酒田五法の三法の兆候があります。


SMAで兆候を確認してみると激しい下降トレンド状況と見受けられます。


30日移動平均線より短期平均線が下部で推移していて、両方とも明らかな下げ気味です。


過去の経緯から判断すると、こういうチャートは勢いで取引をしてOKだと思います。


ボリンジャーバンドは2σ圏で推移して、一目均衡表の厚いクモがサポートラインとして機能したので、一時的に上値が重いチャートを認識しました。


こういうチャートは勢いで取引をしてOKだと思います。


少し前に値足が陽転したことでレジスタンスを維持するか注目しています。


昨日のUSD/JPY相場はかなり方向感がないので今後は厳しいマーケットになりそうです。


マネーパートナーズの評価:辛口レビュー
【マネーパートナーズ】高機能取引ツールでFX取引
http://www.dendou.jp/fx/moneypartners/


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。